お寺で待っている人はこんな人です。

オカンの駆け込み寺主宰 村上好

【プロフィール】

大手鉄道会社の旅行代理店にて旅行業務に従事した後、同系列ホテル営業を担当、子育てに比重をおいた生活にすることを決心し、退社。

その後、国際会議運営会社に勤務し、APECなど国際会議運営全般を経験する。さまざまな国の人と接する中で「価値観の違い」を目の当たりにし、日本の教育のあり方に疑問を持つようになったことで子どものPTAで志同じ仲間とPTA改革に着手。

2014年、以前の会社に再びカムバックし主婦向け宅配サービスの顧客管理、編集業務などを経て、2015年に教育団体「まなびのば」を立ち上げる。子どもと社会のつながりを感じてもらおうと商店街とタイアップしたイベントなどを手がける。

当時、不登校だった長男との親子コミュニケーションを見直すきっかけとなった「ことばキャンプ」との出会いがその後の子育てに大きな変化を与えたことから2017年、ことばキャンプ講師となり、東北、関東などの児童養護施設でことばキャンププログラムを届け、現在、ことばキャンプ田町教室の講師をしている。

また2019年より都内の中高一貫校にて教育相談支援員として不登校のサポートに従事。小学生から高校生までの子どもたちと出会う中で、「食」について考えることが増え、「食養生コーディネーター」として心と体に元気を取り戻すためのコーディネートを食養生の観点からアドバイスをしている。

一般旅行取扱主任者/旅程管理者/ことばキャンプ認定講師/「まなびのば」代表/日本SEL推進協会理事/聖学院中学校高等学校教育相談支援員/食養生コーディネーター/耕せにっぽん関東相談員