見える世界が変わるメガネ

イノチグラスのワークショップに参加してきました。


◆遠くのもの(最近は近くもの、笑)を見るためにかけるもの

◆フレームは自分の好みや顔に合う合わないという基準で選ぶもの

◆多動傾向なのは目に入る情報の多さが原因なんて考えたことはない

これは参加する前の「メガネ」に対する考え方

これがたった2時間ほどのワークショップでガラッと変わりました!

『メガネはレンズの色によって体幹が変わり、体に軸ができて、入る情報量が変わるため、感情がとてつもなく落ち着く』

多分眼鏡屋さんは納得できないかもしれません。否定するかもしれません。
でも、私の体験したこと、感覚が変わったことは事実です。イノチグラスを通して、一人一人が「生きやすい社会」を作れる可能性があるのならば、私は多くの人にこのメガネのことを知ってもらいたいと思います。

一人一人の考えが違うのは当たり前。だけど、それには「思考」以外(というか以前と言ったほうがいいかも)にも「視覚」から来る見え方(捉え方)の違いも相当影響していて、一人一人の脳にその心地よさや、不快感があることも考慮しながら人との違いの部分を考慮する必要があるんだなと言うことを今日発見しました。
同じものを見ていても、それは時間の共有に過ぎないのかもしれないなとか、色々と考えを巡らす時間にもなり大変興味深かったです。

何より、イノチグラスをかけることにより、発達に課題のあるお子さんの「集中力」や「周りの喧騒」や、ひいては「自己肯定感」に変化があるのではないか、と思っています。

オカンの駆け込み寺でも、イノチグラスさんは今後ぜひご紹介していきたいと思っている会社さんです!

*イノチグラスさんは、メガネを作る時はどちらかというとカウンセリングしながら作っていくんです。そして、メガネをとおして、どう言う自分になりたいかというコーチングまでしてくれるんです。

それを導いてくれるのは、「目育士」さん。

人間の情報は70%が視覚からの情報ですから、何を見るか、それをどういうフィルターを通して見るか、は人生に直結しているのです。

私にとっても新しい視点が増えた1日でした🤓

コロナだからできたこと

子どもの卒業式がオンラインで配信されました。正直、上の子たちの経験から卒業式というものはだいたいこんなもん、という風に考えていて、時間があったら見よう。くらいに思っていました。

式典は厳かに執り行われ、「ああ、良かった。思ったより良かったなあ」とひとしきり喜びを噛み締めました。

その後各自クラスで証書を受け取るということでしたので、再びzoomで入り直し、しばらくしていると、一人一人が卒業証書を受け取る際に、自分の思い、そして親に向けてのメッセージを伝えていました。

その言葉は誰一人、紙を読み上げることなく、自分の言葉で話されていました。感極まってなく子、その子を励ます声、出てくるだけで笑いが取れ一瞬でみんなの雰囲気を明るくしてくれる子、どの子も一人一人にスポットライトが当てられていて本当に生徒たちが自分たちで繋いでいた会でした。

思春期に葛藤を抱えながら頑張って今日を迎えられたその気持ちをそれぞれの言葉で発信していたことは素直に素敵だなと感じました。

そして、みんな、親へのメッセージで声が詰まり、普段は反抗していてもやっぱりお母さん、お父さんのことは子どもにとってはかけがえのない存在なのだということも改めて知ることとなりました。

生徒たちが作ったと思われる動画が流れ、それはまるで大人の発想ではできないような面白い仕掛けがたくさんあり、「学校に携帯を持って行かせるとろくなことがない」とか「学業に差し障りが出るのではないか」など心配している世の中の保護者をよそに、大人が想像するよりはるかに子どもたちは、「コロナ禍を受け入れ、IT世代の彼らは大人のようにSNSや広告やくだらないニュースに飲み込まれることもなく、逆に使いこなせていて、新しいものを生み出せる力」を見せつけてくれました。

私たち大人は子どもに学ばなくてはなりません。

今回の卒業式もコロナだったからこそ生み出され、体験できたこと。

そして、何よりも、先生たちが子どもたちをただ信じて、任せてくれていたことが大きな成長につながり、今日の日を迎えられたんだなと思いました。

子どもたちの可能性に明るい未来を見た気がしました。

そんな無限大の可能性を持っている彼らのことを大人は信じて見守っていきたいなと思いました。

卒業おめでとう!

親子コミュニケーションと食事

昨日は子ども向けの料理動画サイト関連を企画されている方とお話しする機会がありました。

食事というのは、親子コミュニケーションの一番身近なツールですねという話ですごく盛り上がりました!

例えば不登校や引きこもっていたとしても、「食べる」ことはしますよね。

よく、お子さんと一緒にお菓子やご飯を作る際に、包丁で手を切らないように、材料をこぼさないように、と先回りして、手を出し口を出すお母さんが多いと聞きます。

キッチンが粉だらけになったり、卵がグシャッと散らかったら「ヤレヤレƪ(˘⌣˘)ʃ」という気持ちになるかもしれません。

でも、こういう失敗ってすごく大事だと思うのです。

そこで叱るのではなく、親がお手本を見せると、「なるほど〜、やっぱりお母さんってすごいや」となります。

また、そこで初めて、「じゃあ、ここにこうやって角をトントンって優しく当てると、綺麗に割れるよ」と言葉を掛ける。アドバイスをする。

お子さんはすでに、できなかったことを自分で理解しているので、今度は失敗しないように人の意見を聞くようになります。

次にやった時にできたら「おお!うまくできたね!やったね!」と言って二人で喜ぶ。

このことでお子さんは達成感と、自信が身につき、「自分はできる」という自己肯定感を育んでいけます。

仕上がりの形が変でもいいじゃない?気持ちを大らかに持つことはお子さんも人に対しておおらかになっていきます。

お料理を楽しんでくださいね〜。

3月15日ラジオ出演します。

オカンの駆け込み寺のお話をたっぷりします。

【RADIO ワンダーストレージFMドラマシティ】

◆番組名:ワークライフシナジー

◆放送日:3月15日19:00~19:55

◆パーソナリティ:斉藤勉、小川聖子

◆聞き方は簡単です。全国で聴けます。

① サイマル動画  https://live.776.fm/ を押すだけ!簡単

②リッスンラジオ:無料ダウンロードで聴く http://listenradio.jp/ 全国ラジオ番組→北海道→Radioワンダーストレージ

ご挨拶

オカンの駆け込み寺へようこそ。

子育ては大変、うちの子は育てにくいんじゃないか?そう思ったことはありませんか?

母親業は出産直後から24時間365日体制のほぼ休みのない肉体労働です。

どんなに気丈な人でも空気が萎む瞬間が必ずあります。

長時間労働の最たるものであり、人材育成の長期プロジェクトの「子育て」に不安と恐怖で心が押しつぶされそうになった時には人に助けを求めてください。

オカンの駆け込み寺は子育てに行き詰まりを感じた時に立ち寄っていただく場所です。

子育てに正解はありません。しかしその人なりの最適解は必ず見つかります。

それが見つかった時、幸せを感じ、自信が持てるようになり、元気になります。

そのお手伝いができれば幸いです。

未来は「今」の積み重ね

今日からいよいよ新学期。学校に行けなかった我が子に落胆している親御さんもいることと思います。

お子さんにぜひ、「大丈夫!」と声をかけてあげてほしいです。それは自分の脳にも影響するはずです。お子さんに大丈夫って言ってるけれどそれは同時に自分にも大丈夫と言い聞かせていると同じことだと思うのです。

そして、今日一日、そう、この「今」と言う瞬間を楽しんでください。

「今」が楽しい瞬間でそれが続いていくと良い循環が生まれます。

「今」を楽しんで、今を大切に。

未来は「今」の積み重ねでできていますからね。

米と酒?

テーブルの上にあった「八海山」をみて、次男が「そういば、このお酒新潟って書いてあるけど、新潟ってお米が美味しいけどお酒となんか関係あるの?」と聞くので、

「日本酒って何で作られてるか知ってる?」と聞いてみたら

「麦だよねえ?」

というので、「じゃあ、原材料のところ見てみてごらん」となり、「マジか、米、水、こうじ」なのか。。。

ということで、ひさしぶりにホワイトボードで盛り上がりましたよ〜。

・日本の三大酒蔵について

・米どころじゃないところがどうして酒蔵なのか

・杉樽や、麹菌の話について

めっちゃくちゃ盛り上がりました!

最終的には「やべー、俺、実際に酒蔵みたいから見学に行こう!』となり、酒蔵工場を見学に行くことにしました!

 

 

自己肯定感の向上になぜ記憶術が役立つのか?

9月7日に面白い先生を呼んで記憶術の講演会を開催します。

詳細はこちら

7月にEQのイベントをやりましたが、その際、ご参加いただいた吉野邦昭さん。

この方、記憶術というすごい技を伝授しているめちゃくちゃ面白い方でして、イベントでも異彩を放っておりました。

・自己肯定感

・やる気

・突破体験

・EQ

・言葉掛け

「自己肯定感の向上に、なぜ記憶法が役立つのか?」を講演会で紐解いていきます。

仕事にも、資格取得にも、受験勉強にも、あらゆることに使える「記憶術」

ぜひ、講演会にご参加くださいませませー。

 

エゴについて

私なんてどうせ。。。

自分はあの人より劣っている。

そう思う方も多いでしょうけれど、実は、それは「自分を大事にしていない」ということなんですよね。

ダライ・ラマの主治医でもあるDr.バリィ・カズィンが来日した時は時間が許す限りマインドフルネスの会に参加しています。今回、フェイスブックで投稿していた言葉が心に改めて響いたのでそのままシェアさせてただだきます。

以下コピペします

*********************

エゴとの関係において、正しいバランスを見出すことは、とても重要なことです。

私たちは、エゴが過小か、過大か、どちらかに偏りがちです。

私たちは、ビクビクして自分を卑下しているか、
あるいは逆に、自分が誰よりも優れていると感じて、誇らしげにふんぞり返っているか、どちらかなのです。

ちょうど適切なバランスを見出すことは、めったにない(難しい)のです。

健全な自信こそが、ここで言っているバランスなのです。
健全な自信とは、自分のありのままの姿でいて心地よいということです。

もう、自分自身を卑下する(おとしめる)必要はないのです。

また、自分のありのままの姿でいて楽で心地よいならば、他者を見下す必要も減ることになります。

自分で思っている以上に、私たちは他者についてネガティブに判断し、また嫉妬もします。

通常は、そういったネガティブな判断や嫉妬は、無意識に行なっています。

そして、それは、自分自身にたいする不安や疑いから、生じることが多いのです。

私たちが、自分自身について心地よく感じているときは、他者をおとしめる必要も少なくなります。

それこそが、自己との関係性の中で、正しいバランスを見つけ出すということなのです。

これが、健全な自信です。
健全な自信は、他者への心からの関心や愛、
そしてコンパッション(慈しみ)へと、自然と繋がっていきます。

Original English follows.
——————————
Finding the right balance in our relationship with our ego is very important. We tend to undershoot or overshoot. Either we are in a funky mood and put ourself down, or we feel better than everyone else and strut around feeling proud. Rarely do we find the proper balance. Healthy self-confidence is that balance. It is being comfortable with ourself in our own skin. There is no need to put ourself down. This ease and comfort with ourself in our own skin reduces the need to put others down. More than we know, we negatively judge others and are jealous. Usually this goes unnoticed, and often arises from insecurity and doubt about ourself. When we are feeling comfortable with ourself there is less need to put others down. This is finding the right balance in our relationship with ourself. This is healthy self-confidence. It leads naturally to genuine concern for others, love, and compassion. Emaho!

2学期が近づく憂鬱

不登校のお子さんを抱えていると、長期休みがとても安堵する時間だったりするお母さんも多いのでは?

長男の時、私もそう思いました。みんな学校に行っていないのでなんかみんなと一緒の気がして安心した記憶があります。

それが、夏休みが終わりに近づくにつれ、だんだんと緊張感が高まる。

多分本人はもっとプレッシャー感じてるのでしょうけれどね。

幸いにも我が家はその一回の長期休みで決着が付いたので、そのあとはのんびり構えてましたし、ましてや次男の時は、「そういえば子どもが平日、いるけど、そっか今夏休みなんだね」くらいで、「博物館とか混むから、新学期始まってからにしよう」なんていう会話を普通にしていました。

考え方ひとつでこんなに違う。

何事も考え方を変えるだけで、きっと、「悪い」と思っていたことが「いいね」になるし、

「もうダメだ・・・」と思っていたことが「ん?これは逆に変わるチャンスか?」となるわけで。

何でもかんでもプラス思考がいいわけではないけれど、ピンチをしのぐ時にはこの考え方ってとっても役に立つと思います。

私自身も、子どもたちが不登校や、引きこもりになったおかげで、発想の転換がサクッとできるようになりました!ありがたや〜!!!

オカンの駆け込み寺はお母さんのお悩み総合窓口です。

不登校、引きこもり、ホームスクーリングなど、お話をお伺いし、最適サービスへおつなぎしたり、解決策を一緒に見つけたり伴走者として、いつでも開設しています。

待っているのはフツーのオカンです。

3人の超個性的な子育ての経験談が誰かの役に立つならと思って、窓口を開けています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。→ブログトップメニューからの「おもろいオカンに問い合わせたい人はこちら」からお願いします。