冬休み期間限定無料相談拡大中!

オカンの駆け込み寺では冬休み期間限定で通常30分の無料相談を60分に拡大してご提供しています。

心のモヤモヤ、不安を抱えたままだと体に影響してきます。

ストレス解消のために何かを食べると余計に体が滞ってモヤモヤも不安も蓄積されていきます。

冬は人間も溜め込みやすい時期になります。だからこそ「出す」ことが必要。

一人で抱え込まずに相談してくださいね。

もちろん相談だけでも大歓迎です!吐き出して少しでも肩の荷を下ろしてください。

ご相談はこちらからどうぞ。

先が見えないこんな時代だからこそ

「うちの子自己肯定感が低いのよね」と思っているお母さん。お母さんご自身の自己肯定感はどうですか?

子どもの自己肯定感の低さと親の自己肯定感の低さは関連性があります。

自己肯定感が育まれていると結果的に学力が上がり、生涯に亘り幸せな人生を送れる人が多いと言うデータがあります。

もちろん学力とイコールではありませんが、折れない力、立ち直る力が身についていると、逆境にも強く、生きる力が身についていくのです。

何が起こるかわからないこれからの時代をおどおどしながら生きるのか、目の前に起こるハプニングすら楽しみながら自分で切り開きならが生きていくのかどちらがいいと思いますか?

自分って完璧じゃないけれど、そんなところもひっくるめて好きだなあっていえるようになるときっと素敵な人生が送れるようになると思いますよ。

自己肯定感を育てる親講座では子育てに必要なエッセンスを40分の講座にギュギュッと凝縮してお伝えしています。

話を一方的に聞くだけではなく、参加してもらいながら、さらに実践してもらいながら進めていくのでお子さんの変化も感じていただきやすく、大変好評をいただいています。

また、受講していただくことでお母さんご自身の自己肯定感も上がった。という声もいただいています。

次回の講座は2022年1月13日からスタートします。

ことばキャンプの「自己肯定感を育てる親講座」でお子さんの自己肯定感を伸ばしませんか?

お申し込みはこちらからどうぞ

自己肯定感を育てる親講座終了

本日はことばキャンプ自己肯定感を育てる親講座の最終回でした。

子どもの自己肯定感を育てていくことは、将来、子どもがより良い人生を自分で切り開いていくためにとても重要なことになります。

6回目のテーマは「楽天的な呪文をかけて自己肯定感を育てる」でした。

失敗は誰でもあるもの。ピンチの時に発想の転換をし、ポジティブに、あるいは失敗すら経験に変えていくには、先を明るく見通す楽天的な考え方が必要になってきます。

受講生の方と一緒に発想を逆転するシチュエーションを考えることで、日常生活に落とし込んでいくことを学んでいただきました。

あっという間の6週間。受講してくださった皆様、ありがとうございました!

次回は2022年1月13日のスタートになります。ただいま受講生募集中です。

お申し込みはこちらから

子どもの為という自分の正義に要注意!

子どもの為と思っていてもよ〜く考えたら自分の願望を叶える為だったり、案外自分の見栄の為だったりすることがあります。

今やっていることは本当に子どもの成長のためになってるか?

このことを今一度考えて、そうじゃないものは手放す。

そうすると子どもへの過度な期待や執着がなくなるのでイライラすることが減り、目の前の我が子の成長を心から喜べるようになりますよ。

児童養護施設での職員研修

オカンの駆け込み寺の運営の他にNPO法人JAMネットワークで講師の仕事もしており、今日は講師業のお仕事で東京の西部の方へ。

現在、新任職員さん向けに職員研修を実施しておりますが、今日は3回目でした。

テーマは「フィードバック」

コミュニケーションを交わしている相手に対して、その人が外の世界に向けて伝えていることをその人に返すのがフィードバック。

フィードバックを受けた人は自分の言動が人にどのように影響を与えているかを知ることができます。そのことは、自己認識のプロセスにとても重要なことなのです。

フィードバックには色々な種類があり、適切なフィードバックをしていくことで、子どもたちに勇気を与え、よいセルフイメージの定着がはかれるようになるのです。

2時間の講座にご参加してくださった皆様、ありがとうございました!

「ほめると叱る」

本日は児童養護施設での研修講師の日でした。

研修2回目のテーマは「ほめると叱る」です。

ことばキャンプ講師の立場で言わせていただくと我々講師は、「ほめる」ことに関してはかなりの訓練を受けます。普段の生活の中でも職業病のようにその人の誉めるポイントを探してしまう癖があります。

なので、一見、短所に思えるところも言い換えの表現を使って、その人の良さを発見していくことが染み付いているのです。

一方で「叱る」方はどうでしょうか?

人を褒めることはスキルを身につけることである程度できるようになります。でもこの「叱る」というのは実はとっても難しいんです。

でもほめることと同じくらい叱ることは大事。

正反対に思えるのですが実は、本質は同じなんです。

どちらも相手のことを思って言うことで、どちらも成長のチャンスなのです。

だからじっくりとワークに取り組んでいきます。2時間と言う時間はあっという間に過ぎました。

不登校のお子さんたちにも同じことが言えます。

自己肯定感が低いお子さんが多い中で「叱る」ということはどう言うことか?

どう言うときに「叱る」ことが必要なのか?大人がじっくりと考える必要があります。

ほめることと同じくらい必要な「叱る」を改めて考えてみてくださいね。

スマホを手放そう合宿のご案内(耕せにっぽん)

信頼できる数少ない若者支援団体の「耕せにっぽん」のご紹介です。

耕せにっぽん石垣校!主催

【石垣短期合宿】

11/24〜29   4泊5日

〜石垣島でスマホを手放そう合宿〜

《対象》

ゲーム依存、生活習慣改善の子達対象  中学生以上18歳まで

学校がリモート授業の今、綺麗な空気と綺麗な石垣島の海でスマホよりも楽しいもの、スマホの情報よりも、本物の経験を子供に伝える!

「生活習慣、ゲーム依存改善合宿」を実施します。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

家での時間が増え

スマホをいつも手放さない

お子さんが増え、親御さんからの相談が増えています。

・ゲームばかりしている

・食事中もスマホを見てる

・ながらスマホで歩く

・スマホが無いと落ち着かない

・スマホを取り上げると怒る

・寝る時間も削ってスマホ

・家族との会話がない

そんなお子さんを

ネットの世界だけじゃなく

リアルな人との関わりや

リアルな遊び

リアルな就労体験

リアルな自炊や家事の中で

楽しさを見つける

生活力をつける

自立力を身につける

1週間の体験授業です♪

期間中お子様のスマホは預かります。

(1日30分程度家族との連絡のために渡します)

共同生活をしながら

料理を作ったり

遊ぶ時は思いっきり遊び

人と交流して

色んな体験をして視野を広げます。

《実習内容》

★特別講座(心理指導)

自分の特性を知りコミュニケーションに生かす

★体幹を鍛える

サップ

ヨガ

★遊び体験

釣り

シュノーケリング

山登り

キャンプ

★お父さん体験

農業や工場などで就労体験

★お母さん体験

家事全般当番制(2人1組)

炊事、洗濯、掃除 体験

献立も本人に考えてもらいます。

お子さんの合宿参加費

※石垣空港迄の飛行機代は含まれません

男子80,000円(税別)

女子90,000円(税別)

※女子は2人1組でホテルにて宿泊。

★担当職員(研修生と終日一緒に行動します)

合宿責任者:安達奈美

指導責任者:東野昭彦

是非参加お申し込みお待ちしてます✨お申し込みは0120-914-922にお電話してみてください。

児童養護施設での職員研修が始まりました。

今週から都内の児童養護施設での新任職員さん向けの研修が始まりました。

この施設には以前、こどものことばキャンプでお邪魔させていただいたこともあり、久しぶりの訪問でした。敷地内はニワトリが「コケコッコ〜🐓」と走り回っていておかげで緊張がほぐれました。

今日から3回、皆さんに「自尊他尊のコミュニケーション」を学んでいただき、子どもたちがコミュニケーションの力をつけていけるようにまず大人がコミュニケーションの力を身につけていけるようサポートしていきたいと思います!

ご参加いただいた先生方は皆さん真剣に耳を傾けていただき、普段の子どもとのコミュニケーションを振り返っていただき、その上で、次回までのアクションプランを考えていただきました。

お忙しい毎日の中ご自身のスキルアップのため、そしてなにより子ども達の自立のために学びを深めていらっしゃる先生方の力になれるよう頑張っていきたいと思います。

夏休み中の無料子育て相談開設します

暑い日が続きますね。

不登校のお子さんを持つ親御さん、夏休みいかがお過ごしでしょうか?

夏休みだから気持ちもゆったり穏やかに過ごしている方もいらっしゃるでしょうし、逆に夏休みだから親子関係がこじれてしまった方もいらっしゃることと思います。

まだまだ自粛生活を余儀なくされている私たちは自分の悩みを一体どこにしたらよいのでしょう?

このところ子育ての相談が増えてきています。

普段は学校で生徒たちに不登校の支援をしているのですが、今は夏休み中なので、その期間を利用し、困っているお母さんのお悩みの無料相談窓口を開設いたしました。相談は1時間無料です。話すだけでも心が軽くなるかもしれません。どうか肩の荷が少しでも下せますように。

相談はこちらからどうぞ。

https://forms.gle/zYUMfmRhkTshDq6e7

生きている存在意義とは?

不登校のお子さんを持つ親御さんからよく聞くことばは

「俺なんて生きている価値がない」って子供が言うんです。。。

親としてこの言葉を聞くと本当にキツいと思います。

今日はそんな時のヒントをお伝えしようと思います。

働くとは、なんだと思いますか?

字の如く働くとは「人のために動く」ですね。

大人じゃなくてもこれってできるんですよね。

人のために動くことが。。。

それは何かというと、相談に乗ってもらうということです。

今あなたに悩みはありますか?

職場の人間関係、ママ友とのちょっとしたトラブル、仕事のミスや、体の不調など。。。

これ、思い切ってお子さんに相談してみてください。

子どもってめちゃくちゃ柔軟な頭の持ち主で、創造の神様です。

思わぬ答えや新しい視点をたくさん持っているんです。

そして忖度しないから、ズバッと言ってくれるんですよね。

そこできっと気づくことがあると思います。

つまり、自分の悩みを子供に打ち明けることで打開策が見つかるのです。

そうなった自分を想像してみてください。お子さんへの感謝の気持ちが生まれませんか?

ならば素直に「ありがとう!〇〇ちゃんのおかげでママはとっても気分が軽くなったよ」

と伝えてあげましょう。

子どもは感謝されることで自分の存在を肯定できるようになります。

人のために動くことの実体験ですね。

それが働くということなのです。

これをやっていくことで子どもは自己肯定感が育まれていきますし、働くということの本来の意味がわかってきます。

そして何より、人の役に立つということに、生きていること、つまり自分の存在意義を見出すことができるのです。

あなたの悩みはなんですか?

最高のカウンセラーは目の前のお子さんですよ。

不登校・引きこもりのお子さんを持つ親御さんを応援しています!

個別相談はこちらからどうぞ!(初回無料)

個別相談を申し込む

ことばキャンプ自己肯定感を育てる親講座はこちらからどうぞ。

自己肯定感を育てる親講座に申し込む