身代わりのアスリートの記事

LINEニュースで流れてきた東京新聞のこの記事。

身代わりアスリートにしないために

これ、本当に前から子ども達が習い事やる度に不思議でならなかったんですよね。
やるのは子ども。
好きも嫌いも合うも合わないも子どもが感じ、決める事なんですよね。
スポーツに限らず、勉強の習い事関連も。
「やり始めたんだからやり通しなさい!」
となりがちですが、これって親の都合じゃないのかなぁ。と私なんかは思っちゃう。(価値観はそれぞれだから否定はしませんよ〜)
私は、どちらかというと真逆で、自分で合わないなって、感覚で感じたらすぐに辞めていいと思っています。だって、それ以上は無駄なお金払うのも、どうかと思うし、その、なんていうか「合う」「合わない」「好き」「嫌い」の自分だけ感じる感覚って物凄く大切にしてほしいからです。
生きていく上で凄く武器になると思うのです。
そうやって色々試して自分はどういう人で、何が好きなんだろうって見つけていく作業を子どものうちからやっておくと、自己決定力が上がるのではないかと感じています。
ただですねぇ、そうすると、いわゆる既存の学校という枠にはなかなか合致しなくなって行くんですね、笑
話がどんどん逸れそうなので、この辺で。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中