12万年前にタイムスリップ

私は時々訪日外国人のボランティアガイドをやっています。
ガイドを始めて4年ほど経ちますが、日本にくるたびに私に会いにきてくれるご夫婦がいて、今回もその方と一緒に色々といこうと思っていたのですが、直前にご主人の具合が悪くなり来日を取りやめたとのこと。
首都外郭放水路の見学予約をしていたため、急遽、本日のホームスクールはその見学に行くことにしました。

噂には聞いていましたが、凄い迫力!
見応えのある施設でした。

地下にいきなりそびえ立つ大きな柱は見応え十分。
年に7回ほどこの大きな施設に川の氾濫を防ぐために川の水をここに流し込み、最終的に江戸川に流すんだとか。

そして、施設の迫力もさる事ながら、更に興味深かったのは、その施設を建設する際に、出てきた12万年前の地層!
これたまりません!
だって、12万年前ですよ!
その頃は埼玉あたりはまだ浅瀬の海だったようです。
そして、知らなかったけど工事の際には近隣の住人?も参加しての発掘作業。5300年くらい前の縄文時代とかの貝塚とかそんなところの地層に遭遇してる写真がありました。
地層を見るのは時を遡るタイムマシンと同じ。うーん、タイムカプセルという方が正しいか。

こちらの方も是非ガイドしていただきたいなあと切に願いたいところです。

次男もどちらかというと地層の方に興味津々でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中